アイキャッチ画像

新型コロナウイルス感染症の影響でも、高齢者のQOLをサポート 「介護レクリエーション活動支援プロジェクト」始動 コミュニケーション不足の解消と心身の健康のために

BCC 株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下当社)の社内企業でレクリエーション介護士資格を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、高齢者のQOL(生活の質)維持・向上を目的に、高齢者の生きがいや楽しみを見出す「介護レクリエーション」を用いた、「介護レクリエーション活動支援プロジェクト」を始動します。 具体的には、ユカイ工学株式会社(所在地:東京都新宿、代表: 青木 俊介、以下ユカイ工学)開発のコミュニケーションロボット「BOCCO」を当社の介護レクリエーションに関する知見と技術を組み合わせることで、高齢者のコミュニケーション不足の解消と心身の健康を支援します。全国の介護施設・訪問介護利用者から募集し、計100台、2カ月間BOCCOと過ごし高齢者をサポートします。

介護レクリエーション活動支援プロジェクト【(http://smile-plus.co.jp/lp/rec-support/)(配信同時公開)】は新型コロナウイルス感染症の影響で活動が制限されている、全ての高齢者の課題解決を目的に当社が立ち上げたものです。現在、介護施設では職員数の限定・集団での介護レクリエーションが出来ない・ご家族と会えないなどの課題があります。訪問介護では、外出自粛によるコミュニケーション不足などの課題があります。そんななか介護レクリエーション活動にはフレイル※予防などの目的もあり、一層高齢者の健康への影響を考慮することが重要です。この背景から、当社ではパートナー企業と共に、介護レクリエーション活動を支援する製品・サービスを提供いたします。

第一弾は高齢者のコミュニケーション不足の解消と心身の健康づくりが重要であると考え、当社の介護レクリエーションに関する知見・技術とユカイ工学開発のコミュニケーションロボット「BOCCO」を使いモニターを実施します。

モニターでは、当社またはユカイ工学のスタッフからBOCCOを通じた会話サービスを提供します。事前ヒアリングから個々の生活パターンに応じて服薬や理美容、レクリエーションの時間の声がけを行ったり、高齢者が好きなタイミングでおしゃべりができるため、職員や家族と話ができないときも孤独を感じずにお話ができ、職員の業務効率向上にも役立ちます。さらに声を分析して認知機能をチェックすることや専用アプリを介し遠方のご家族がご本人とメッセージ交換が可能になり、家族の交流が増えるきっかけに繋がります。

「今だからこそ出来ることは何か」を考え、微力ながらも介護従事者や高齢者を様々な面からサポートする、当社運営サイト「介護レク広場(https://www.kaigo-rec.com/)」を通じて募集致します。人と人との間にBOCCOがいてくれるだけで、いつもと違ったレクリエーションや日常が生まれるきっかけになることや、コミュニケーション不足の軽減になればと考えています。

全国の高齢者、そして介護施設職員の支えのために、ぜひ取材いただき周知・発信を宜しくお願いします。

今後も当社は、高齢者が充実した日々を過ごせるよう「介護レクリエーション」の普及・啓蒙を行うとともに、高齢者や、それを支える全ての方が心豊かに生活できる社会の実現を目指します。

なお、本事業は、令和元年度「地域中核企業ローカルイノベーション支援事業」介護現場の業務効率化とサービス生産向上のための介護ロボット・ICTシステム開発および導入促進事業の支援により実現しました。

※加齢とともに心身が衰えた状態になることを意味し、健常から要介護状態へと移行する段階

 

■モニター募集 概要

・対象、定員:全国の介護施設と訪問介護利用者、計100台

・費用、期間:無料、2ケ月

・ご提供機器:BOCCO 1台、操作マニュアル(※ご希望の場合:モバイルWi-Fiルーター1台)

・利用の流れ:下記URLから申込み→内容確認※→機器送付→使用方法のご案内※→利用開始→返送とヒアリング※(※ご連絡はユカイ工学より致します)

・募集に関する問い合わせ先:ユカイ工学株式会社 sales@ux-xu.com(担当:荒木、金川)

・概要URL:https://www.kaigo-rec.com/lp/yukai/

・申込みURL:https://forms.gle/tPSEMXDNuL6dRgtF7

(配信同時公開)

 

■コミュニケーションロボット「BOCCO」概要

・内容:スマートフォンアプリと連動し、離れて暮らす高齢者とその家族が気軽に会話を楽しめる、ユカイ工学株式会社が開発のコミュニケーションロボットです。スマートフォンから送ったメッセージを「BOCCO」や家族の声で発話することや「BOCCO」から送られた声の文字化が可能。またセンサと連携することで施設利用者の声ではわからない日々の生活状況をご家族と、介護職員に通知できるなど生活のサポートも可能。2015年発売以降、10,000台の出荷実績と、見守り事業の一環として産官学と連携した事業を展開中。

・価格:29,000円(税別)※当モニターに限り、無料。

・URL: https://www.bocco.me/

 

■介護レク広場 概要

・運営事業者名:BCC株式会社

・所在地:大阪府大阪市西区京町堀1-8-5明星ビル12F

・URL: https://www.kaigo-rec.com/

 

■ユカイ工学株式会社 概要

・代 表:青木 俊介

・所在地:東京都新宿富久町16-11武蔵屋スカイビル101号

・事業内容:ロボット/ハードウェア 開発・製造・販売

・ホームページ:https://www.ux-xu.com/

 

■BCC株式会社 概要

・代表取締役社長:伊藤 一彦

・所在地:大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル12F(大阪本社)

          東京都千代田区外神田6-15-9 明治安田生命末広町ビル9F(東京本社)

・事業内容:営業創造カンパニー(IT営業アウトソーシング事業)、スマイル・プラスカンパニー(ヘルスケアビジネス事業)

・資本金等:2億5,600万円

・ホームページ:https://www.e-bcc.jp/

 

■スマイル・プラスカンパニー 概要

・ホームページ:http://smile-plus.co.jp/

 “「人を支える人」を支える”のカンパニー理念のもと、介護レクリエーションを通じて、介護に携わる方々の支えとなるサービスを提供しています。下記3事業を軸に、介護業界と企業を繋ぎ、高齢者と介護に携わる方々が心豊かに生活できる社会の実現を目指します。

1) 全国2万9千人(2020年5月時点)を超える「レクリエーション介護士*」資格制度の運営(https://www.japan-ac.jp/

2) 介護レク素材のプラットフォーム「介護レク広場」の運営(https://www.kaigo-rec.com/

3)介護レクマガジン「介護レク広場.book」の制作・発刊(https://cart.kaigo-rec.com/

*介護や高齢者に対する基礎知識を学び、自分の趣味や特技を活かした介護レクリエーションを提供できる人材です。当社が受託した2013年経済産業省「多様な『人活』支援サービス創出事業」における成果をもとに創設した認定資格制度を通じて、介護や高齢者に対する基礎知識と介護レクリエーションを企画・提案・実施するための知識や技術を学びます。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

・担当:BCC株式会社 長濱・電話番号:06-6443-7878



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 BCC株式会社
代表者名 伊藤 一彦
業種 その他サービス

コラム

    BCC株式会社の
    関連プレスリリース

    BCC株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域