悪質な“在職強要”にNO!「今すぐ辞めたい」を強力サポートする退職代行サービスが無料相談サービスを提供、上司の顔を見ることなく退職が可能に

「退職代行コムサ」では、弁護士の助言のもと、“辞めたくても辞められない”人を全力で支援。また、6月に施行される、初めて企業に雇用管理上の措置を義務化したパワハラ防止法についての周知徹底に向けて、SNSなどで意識調査アンケートも実施しています。

 

「パワハラ根絶に一石を投ず」をスローガンに過酷な労働環境の改善を目指し、退職代行サービスを手がける「退職代行コムサ」(所在地:福岡県福岡市、代表責任者:竹下 真治)は、パワハラや過重労働で退職を考えている人のための無料相談を実施中です。弁護士による指導助言に基づき、スムーズな退職と新たな仕事探しをサポートします。

▼ 「退職代行コムサ」|公式サイト:https://xn--mnqp22j55ekji.xn--tckwe/

■弁護士の助言のもと、「辞めたくても辞められない」人を全力で支援
横行するパワハラや常態化する長時間労働など、雇用環境の悪化に伴い、心身を病む労働者が増加しています。しかし、退職を申し出ても人員不足などを理由に企業側に在職を強要されるというケースが後を絶ちません。

これらの苦痛に耐えつつ逃げることの出来ない労働者を助けたいと、「退職代行コムサ」では、労働問題に詳しい弁護士の助言のもと、退職代行サービスを提供。無料で相談ができる上、会社に行かなくても辞めることができるとあって、連日多くの問い合わせを受けています。また、退職後の新たなスタートについてもサポートするために、転職や独立支援に向けたサービスも展開。さらに、独自に運営するEC サイトなどの使用権を無償提供するなど、常にサービスの向上を目指しています。

■初めて企業に雇用管理上の措置を義務化、改善されない企業は社名公表も
悪化する雇用環境の改善に向け、国も法律の整備に着手。改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が2019年に成立しました。大企業では2020年6月、中小企業では2022年4月より施行されます。

本法では、職場におけるパワハラ防止のために雇用管理上の措置を講じることを、初めて企業に義務化。必要な措置を取っていない企業は是正指導の対象となる上、改善が見られない場合には企業名が公表されることになっています。

「退職代行コムサ」では、個人・企業問わず本法に関する周知徹底をはかるために、毎日SNSなどで意識調査アンケートを実施。労働問題についての理解を深めることで、労働環境の改善と労働者の救済の実現に貢献してまいります。


【退職代行コムサについて】
所    在   地:〒819-0006 福岡県福岡市西区姪浜駅南1-8-5
代表責任者:竹下 真治
設   立:2020年1月
電 話 番 号:0120-407-110
U   R   L    :https://xn--mnqp22j55ekji.xn--tckwe/
事 業 内 容:退職代行サービスの提供

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企   業   名:退職代行 コムサ
担   当   者:池田 輝美
T   E   L    :0120-407-110
Email        :  info24@nifty.com

 


ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 退職代行コムサ
代表者名 竹下 真治
業種 その他サービス

コラム

    退職代行コムサの
    関連プレスリリース

    退職代行コムサの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域