再生民泊はじまる!

「ココロの再生」、「カラダの再生」、「ふるさとの再生」の3つテーマを体験できる新しい民泊。廃屋を活かした「自由価格制」を実現するためのクラウドファンディング。

新しい時代を生きる

再び生まれ変わる

新しい時代の到来を感じている人は少なくない筈です 。それではどんな時代なのでしょう。 それを正確に答えられる人は少ない筈です。新しく生まれ変わるには、古い自分を見つけなくてはなりません。それでは古い自分とはどんな自分でしょう。それが分かった時、それが新しいあなたの誕生日です。 さまざまな体験を通じて老廃物をデトックスし 本来の自分を取り戻す それが「再生民泊」です。北アルプスの見える村、信州小川村 その山間にある小さく可愛らしい集落「柏土」 明治二年からそこにあり続ける古民家も 『再生民泊』として 再び生まれ変わります。

「ココロの再生」、「カラダの再生」、「ふるさとの再生」の3つテーマを体験できる新しい民泊。廃屋を活かした「自由価格制」を実現するためにクラウドファンディングをはじめました。

 

詳しくはこちら

https://camp-fire.jp/projects/163080/

発起人プロフィール

今村 誠人
愛知県知多市八幡出身 1973年9月6日生 下北沢とバスク・オンダリビアが 第二の故郷
資格など

AEAJアロマテラピーアドバイザー

ファスティングデザイナー

ハーブティーソムリエ

メディカルハーブ・ハーブ&ライフ

マクロビオティックコンシェルジュ

 

音楽などの芸術活動から料理、植木の世界まで、幾多の現場経験を持つ。歌舞伎町のたこ焼き屋台から、スペインミシュランレストランまで経歴はハイコントラスト。世田谷にて自身の飲食店を約10年経営。その後も、ヴィンテージワーゲンバスを改装し自作した移動式スペインバルで旅をしながら営業したり、目黒川の屋台を改装してハーブティー屋台をやったりと、とにかくフリースタイル。 2016年、ベジタリアンになったのをきっかけに、自然に対しての気付きが深まる。北アルプスの見える村「長野県小川村」へ直感を頼りに単身移住。瞬目堂をつくる為に地域おこし協力隊となる。大好きな柏土という染野さんだらけの集落に出会い、村でのおじいちゃん、おばあちゃんが出来る。そのおじいちゃん達の口添えで、その集落の一番上にある染野さんの家に住む事に。集落での屋号を「庄屋」から「八幡」に改名。現在に至る。 今まで数々の自然療法を学び、それらに関わる資格を習得。 ヴィパッサナー瞑想10日間合宿や世界三大巡礼サンティアゴの旅も経験。ヨガ、瞑想は日課で、月に一度の3日断食や半年に一度の10日断食なども習慣。塩浴、アイソメトリックなどの健康法も取り入れ、病気知らず。現在、身体年齢は24歳と、まだまだ若返る気でいる45歳。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社オレンジボックスナイン
代表者名 瀬口隆志
業種 広告・デザイン

コラム

    株式会社オレンジボックスナインの
    関連プレスリリース

    株式会社オレンジボックスナインの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域