差分比較・マージツール『LemonTree』販売開始のお知らせ

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県横浜市:代表取締役 河野 岳史)は、弊社製品のモデリングツール『Enterprise Architect』で作成したモデルの差分比較・マージを行なうツール『LemonTree』の販売を本日開始いたしました。

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県横浜市:代表取締役 河野 岳史)は、弊社製品のモデリングツール『Enterprise Architect』で作成したモデルの差分比較・マージを行なうツール『LemonTree』の販売を本日開始いたしました。

 

■ 背景

 

UMLやSysMLなどのモデルを利用してソフトウェアやシステムの設計開発を行なうことが増えています。そのような中、チーム開発・派生開発・レビュープロセス等においてモデルの変更箇所を正確に把握し、意図した変更内容で設計開発を進めることに非常に労力がかかっています。

 

このような現状のソリューションとして、差分比較・マージツール『LemonTree』を提供いたします。『LemonTree』は、『Enterprise Architect』で作成したモデルを対象に、差分比較・マージを行なうツールです。

 

『LemonTree』はオーストリアのLieberLieber Software社で開発された製品で、欧州の自動車メーカー・サプライヤを中心に幅広く利用されています。日本での利用ニーズもあることから、スパークスシステムズ ジャパンはLieberLieber Software社と提携し日本での販売を開始いたしました。

 

■ 製品概要

 

『LemonTree』の主な特徴として「直感的に分かるUI」「競合解消に強い比較とマージ」「バージョン管理ツールとの連携」があります。

 

モデルの差分比較・マージにおいて、『Enterprise Architect』標準機能では「差分表示が分かりづらい」「競合を把握できない」「マージ結果を事前確認できない」など様々な課題がありますが、そのソリューションとして位置付けられている製品です。操作性が高く、チーム開発・派生開発・レビュープロセス等において効率的かつ適切に差分比較・マージを行うことができます。

 

 

製品詳細につきましては下記URLをご参照ください。

 

http://www.sparxsystems.jp/LemonTree/

 

評価版の配布もしておりますので、ご興味のある方は是非ご利用ください。

 

■ 紹介セミナー

 

2017年7月5日に、『LemonTree』のデモを交えた紹介セミナーを開催いたします。

ご興味のある方は下記URLよりお申し込みください。

 

http://www.sparxsystems.jp/seminar/20170705.htm

 

■ 会社概要

 

スパークスシステムズ ジャパン株式会社

http://www.sparxsystems.co.jp/

 

2003年5月設立。主にUMLモデリングツール『Enterprise Architect』・要求管理ツール『RaQuest』・データベース設計支援ツール『DBMode』の設計開発・販売およびサポートを行う。

 

■ このプレスリリースについてのお問い合わせ

 

広報担当 河野(コウノ)

E-mail:info@sparxsystems.co.jp

 

■ この製品についてのお客様からのお問い合わせ窓口

 

製品サポート担当

E-mail:support@sparxsystems.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 スパークスシステムズジャパン株式会社
代表者名 河野岳史
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    スパークスシステムズジャパン株式会社の
    関連プレスリリース

    スパークスシステムズジャパン株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域