プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数44,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

古新舜監督・次回作長編映画「あまのがわ」の大学生によるプロモーションビジネスプラン発表会を、コスモボックス株式会社が東北工業大学兼任講師・力丸萠樹氏と共同で開催

コスモボックス株式会社

!2016年12月2日 16時

映画製作とアクティブ・ラーニング教育を軸に事業展開をしているコスモボックス株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:古新舜、以下「コスモボックス」)は、次回作長編映画「あまのがわ」(2018年公開予定)の大学生によるプロモーションビジネスプラン発表会を、学校法人東北工業大学(所在地:宮城県仙台市、学長:今野弘、以下「東北工業大学」)にて、力丸萠樹氏担当のプレゼンテーション講義の一環として、学校法人玉川大学(所在地:東京都町田市、学長:小原芳明、以下「玉川大学」)の工学部・准教授小酒井正和研究室と共同で、12月10日(土)に開催をいたします。

​ ​

 

 

■授業背景

東北工業大学・力丸萠樹氏が担当する東北工業大学の講義「プレゼンテーションの技術」では、2003年度より、学生のプレゼンテーションおよびコミュニケーションスキル向上を目的として、開講当初より一貫してアクティブ・ラーニング手法をとりいれてきました。

具体的には、受講生を一般企業や地方自治体の抱える社会課題に向き合わせ、課題提起した企業、自治体の担当者、また、関係者、大学教員、他大学のゲストに対し課題解決提案、ないし企画の形式でチームプレゼンテーションをしてもらいます。これにより受講生は相互評価を含め、当事者、外部、内部と3つの評価軸で自らのスキルを客観的に把握し、自身のコミュニケートが実社会のどのレベルに到達しているか、実体験を踏まえ理解、能力の向上を図っております。

これまで仙台市経済局、観光コンベンション協会や宮城県庁、JR東日本、宮城県内のコンテンツ企業、人材育成業などとタイアップし、「魅力ある地域として仙台を全国発信するためにはどうしたら良いか(JRディスティネーションキャンペーンと連動)」「宮城県に関連するアニメコンテンツを活用する企画立案(宮城県企画)」、東日本大震災のあった2011年には「被災者支援をExcellentに企画する」という社会的テーマにも取り組まれてきました。

昨年は長野の金型メーカーから「ご当地の美少女キャラクターをつくろう」という課題で、玉川大学チームとのプレゼンバトルが実施されました。

今年のテーマは、古新舜監督・新作長編映画「あまのがわ」のプロモーションとなります。

内外の学生同士、企画提案力のぶつかる熱いコンペティションが始まります。

 

東北工業大学・力丸萠樹先生の教室

 

玉川大学・小酒井研究室

 

■ 映画「あまのがわ」とは

本作品監督の古新舜は、前作劇場公開映画「ノー・ヴォイス」(主演:市瀬秀和、ナレーション:浅田美代子)で、年間約10万頭の犬や猫が殺処分を受けている社会問題を、ドラマとドキュメンタリーの2本立てという構成で描き切りました。作品のテーマは、「捨てられる命ゼロを目指して」。自主制作映画ながら現在までに1万人以上の方が鑑賞。公開から約3年が経つ現在でも、全国で自主上映会が続いております

◎映画「ノー・ヴォイス」HP:http://no-voice.com/

 

2017年、この古新が手がける次のテーマは、「踏み出す勇気が、自分を変える」いじめや引きこもりの経験を持ち、大学では物理学と心理学を専攻、大手予備校講師を10年務めたという異色の経歴を持つ監督が、逆境を乗り越えていくために必要な、踏み出す勇気と人間が持つ精神の強さを、分身ロボットOriHimeをモチーフにして、次回作で描き切ります。

 

【監督・古新舜よりコメント】

大学生が実践の題材を使って、ビジネスプランを提案するというグループワークは、社会において大変重要なスキルを養えると考えます。教育現場でのアクティブ・ラーニングの導入の一例として、このようなPBL(プロジェクトベースラーニング)は、各地の教育現場に普及してもらいたいと考えております。

また映画産業としても、大ヒット作の成績が顕著の中、埋もれている作品、特にインディペンデントという独立系の映画は、まだまだ世に知られないままでいる状況です。

このような一極集中型の映画業界において、教育機関や地域と連携をとりながら、作品の制作前の段階から、協働で作品を作り上げていくという仕組みは、映画作品に対してのより強いエンゲージメントを生み出すきっかけとなるばかりではなく、業界の枠を越えて作品の潜在的価値を高めるきっかけになると考えております。

大学生のビジネススキル向上と映画業界における課題解決の双方を捉えた本取り組みは、大変素晴らしい機会と考え、きっかけを授けてくださった力丸萠樹先生、小酒井正和先生に、心より感謝したいと思います。

 

【講師・力丸萠樹よりコメント】

本講義は、まだアクティブ・ラーニングということばが一般化していない13年前、いわゆる「実学」として学生のスキル向上をめざして開講されました。時代背景の変遷はあれ、コミュニケーション、プレゼンテーションを苦手とする学生は以前よりも多くなってきています

今回、古新監督に知己を得、素晴らしいテーマを頂いたことで、それらの学生にとって良い刺激となり、やる気が引き出されました。多くの人を惹きつける良いアイディアを形にするのだとの彼らの意気込みを毎週感じています。

この好機を通じ、玉川大学の小酒井ゼミ生たちを含め、ひとりでも多くの学生にスキルアップしてもらいたいと考えています。

小酒井先生、古新監督、良い機会、良い出会いに感謝申し上げます。

 

【共同企画教員・小酒井正和よりコメント】

通常のビジネスコンテストでは、技術をベースとした新規ビジネスの創造を題材としたものが多いと思います。今回の授業では、映画作品のプロモーション案というクリエイティブな要素が強いビジネスコンテストというところがあり、とても珍しいタイプの授業となっていると思います。また、東北工業大学さんの学生だけでなく、玉川大学の学生も参加するコンペ形式をとっているため、受講者が競争意識をもって企画を立案できるといった内容になっていると思います。

 

【公開授業に関して】

・会場:東北工業大学八木山キャンパス911講義室

 (宮城県仙台市太白区八木山香澄町35番1号、地下鉄東西線八木山動物公園駅徒歩7分)

・開催日:2016年12月10日(土)13:00開始(12:30受付)、16:10終了予定

・発表者:大学2年生27名(東北工業大学)、大学生5名(玉川工業大学・小酒井研究室メンバー)

・お申し込み:http://cosmobox.jp/contact/ よりお申し込みください。

 

■ 監督・古新舜プロフィール

映画監督・コミュニケーションデザイナー。学生時代は、閉鎖的・偏差値重視の日本の教育環境に馴染めず、学校では毎学年いじめを経験。家庭では自分の理想像になるよう厳格に育てた両親と価値観や発想が合わず、萎縮した生活を送る。大学入学直後に自殺を考えるも、命を救ってくれたのはインターネットの分け隔てない仲間たちであった。国内外で30以上の映画祭で受賞・入賞。最新短編映画「結婚騒選挙」が八王子ShortFilm映画祭にてノミネート、12/4(日)に同映画祭内にて初公開される。法務省主催の「人権シンポジウム」講演、「アクティブ・ラーニングフォーラム」講演など、逆境から乗り越える人生の素晴らしさを伝える活動をしている。早稲田大学応用物理学科卒、同大学院国際情報通信研究科修了、デジタルハリウッド大学大学院修了(DCM修士)。2007年にコスモボックス株式会社を設立、代表取締役に就任。

 

■担当教員・力丸萠樹プロフィール

1964年東京生 舞台俳優、雑誌編集者、ディスプレイ業などを経てフリーのイラストレーター・デザイナーとなる。 1989年、デザイン事務所、アトリエ・マ・ヌゥー舎を主宰、SOHOの先駆けとしてネットワークによるワークスタイルを確立した。 1997年、新設の県立宮城大学に社会人学生として一期生入学。同年、実務を通し学生を社会に送り出す組織「宮城大学ベンチャーサークルデュナミス」を設立、主宰する。 以降、仕事と学業、サークル活動を同時に行う生活の中、2001年、サークルを人材育成業として起業させる。 2002年同校卒業後、デザイン事務所を維持しつつも、地域シンクタンクである財団法人社会開発研究センター宮城総合研究所で主任研究員、財団法人日本総合研究所東北事務所主任研究員を歴任。 東北地域の大学講師は2003年より開始。 3・11東日本大震災以降、2013年に関東へ移住し、ストーリーデザイナーとして新たなステージを開拓中。

 

■共同企画教員・小酒井正和プロフィール

博士(経営学)。管理会計、マネジメントデザイン、ITによる組織変革を専門とする会計学者。 教育ICTの先駆者チーム、iTeachersメンバーとしてiPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践する一方、IoTやドローンなどのテクノロジーを題材にした授業を企画・実行している。 主な著書に『BSC による戦略志向のITマネジメント』(白桃書房)、『eラーニング実践法―サイバーアライアンスの世界―』(オーム社)がある。 Director of International Conference on Business Management、日本商学研究学会専務理事兼事務局長、日本経営学会連合常任理事などを歴任。

 

■会社概要

商号   :コスモボックス株式会社

代表者  : 代表取締役 古新 舜

所在地  : 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-1-9 青田ビル201

設立   : 2007年9月28日

事業内容:

  1)映画的映像を通じたインバウンド・地方創生

  2)映画的ワークショップを通じた人材育成・社会人基礎力トレーニング

  3)映画製作を通じた教育・地域・エンターテイメント産業の活性化

資本金  : 700万円

URL   : http://cosmobox.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

コスモボックス株式会社

代表者名

古新 舜

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

映画監督・古新舜が聖徳学園中学校と共同し、ICT×アクティブ・ラーニング×映画の授業「シネマ・アクティブ・ラーニング」成果発表映画祭を開催!
!2016年11月30日 17時
古新舜・長編第2弾映画〜分身ロボットOriHimeと女子高生の屋久島の旅〜映画「あまのがわ」クラウドファンディング公開!
!2016年9月12日 13時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る