3月14日はローリスクで 圧勝できる傾向

「人は期待をさせた方が得か?」という調査で「期待」という言葉を40万件のクチコミから分析。使われる言葉と集客変動から未来予測や対策、人の行動傾向がわかる「行列予報」を本日より無料で提供開始します。

3月14日はローリスクで圧勝できる傾向

40万件のクチコミ統計から期待値を傾向分析

日本最大級のお試しサイト「トラコレ」(会員39万人)を運営する株式会社シンクスマイル(本社東京都渋谷区 社長 新子明希)は、ユーザーによる400,397件のクチコミ内で使われた言葉と集客(結果)変動の相関性を精査。将来予測や対策、人の行動傾向をみる「行列予報」を確立しました。

集客でも、恋愛でも、人間関係においても、「人は期待をさせた方が得か?」という調査において「期待」という言葉を分析。本日より無料提供を開始します。

http://pr.tryfeel.jp/lp/torakore?pr=20150227 【行列予報】

■ 女性は期待していない動物

40万件の膨大なクチコミのなかで「期待」について書かれたものは13,159件。

内容は、期待以上が51%、期待通り27%、期待外れ22%。うち男女別にみると「期待以上」というコメントは女性が男性よりも21%も多く、逆に「期待外れ」は男性が女性よりも14%多い明確な結果になりました。

つまり、女性は常時あまり期待していない。男性はかなり期待している傾向になります。

期待したイメージと実体験とのギャップを男性は減点軸、女性は加点軸で評価する特徴もみられました。

結果を踏まえ男女の期待差をみてみると、例えばこんなところにも

 ● 女性は基本、期待していないから、サプライズの効果が高い

サプライズプレゼント・突然のプロポーズ

 ● 男性は基本、期待しているから、意外性の効果が薄い

女性の勝負下着がイメージと違うと非常に萎えやすい


■ ホワイトデーは圧倒的に有利
バレンタインデーとホワイトデー。2つのイベントを男女の期待傾向の違いで見てみると、高い効果を発揮するのはホワイトデーです。女性の事前の期待度が低く、がっかりという「期待外れ」が起きにくいことから、「期待以上」の成功を獲得しやすくなります。男性にとってリスクが低い最高のタイミングとなります。


■ 行列予報とは 

点数や星などの評価でなく、より詳細心理や人の視点が明確にでる『言葉』に着目。言葉と行動を結ぶことで、良い傾向の言葉・悪い傾向の言葉、来客者の視点など、人の評価の境界線を探る世界初の「人の予報」になります。評価の原点となる人の感情を読む新世代の集客ツールとして活用頂けます。

「行列予報」の主な特徴

◇ 400,397件のクチコミを大規模分析 ※2015年2月27日の数値

◇ 消費者の言葉から評価の境界線、その傾向から対策までが一覧で分かります

◇ どなたでも弊社ホームページより無料で取得可能



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社シンクスマイル
代表者名 新子明希
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社シンクスマイルの
    関連プレスリリース

    株式会社シンクスマイルの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域