樹林 伸による本格ミステリー小説×リアル謎解きゲーム『謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by 怪奇大作戦』2015年1月10日(土)スタート

特撮ドラマ『怪奇大作戦』を原作とした参加体験型アトラクション・未来屋アドベンチャーブック「謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by 怪奇大作戦」を2015年1月10日(土)~3月29日(日)の期間中、幕張新都心、越谷・レイクタウン、名古屋茶屋の未来屋書店 計3店舗にて実施。

株式会社円谷プロダクションのプレスリリース見出し画像
★『怪奇大作戦』を原作とした“本格ミステリー小説×リアル謎解きゲーム”誕生!
株式会社 円谷プロダクション(以下「円谷プロ」)と株式会社未来屋書店とのコラボレーションにより、円谷プロが生んだ名作ドラマ『怪奇大作戦』を原作とした参加体験型アトラクション・未来屋アドベンチャーブック「謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by 怪奇大作戦」を、2015年1月10日(土)~3月29日(日)の期間中、イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市美浜区)、イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)、イオンモール名古屋茶屋(愛知県名古屋市港区)の未来屋書店 計3店舗にて販売展開致します。

★『金田一少年の事件簿』他の原作者、樹林 伸による完全新作ストーリー!
「未来屋アドベンチャーブック」は、読者が店内の手がかりをもとにストーリーを読み進めるもので、本作は円谷プロ監修の下『怪奇大作戦』をインスパイアし、ストーリーを『金田一少年の事件簿』などの原作でおなじみの樹林 伸 氏が担当した新作です。

★人間の脳が内部から破裂した書店内の怪事件。SRI:特殊科学捜査研究所のメンバーは科学の力で事件の謎を追う!
 読者は物語内で起こった怪奇事件の謎をSRI(特殊科学捜査研究所)のメンバーと一緒に解決していきます。樹林伸氏による本格ミステリーを読み進めながら、実際の店頭に隠された手がかりをヒントにして物語を読み進める体験型アトラクションです。

詳細は「未来屋書店公式サイト」及び「未来屋アドベンチャーブック公式Twitter(@miraiyaadv)」にて随時発表します。

~怪奇大作戦とは~
謎の怪奇現象とともに発生する様々な犯罪を科学の力で解決していくSRI(科学捜査研究所)のメンバーの活躍を描いた、円谷プロ制作の特撮ドラマ作品。オリジナル版は1968年に放映開始され人気を博し、その後、2007年、2013年の2度にわたりリメイクされた。

~未来屋アドベンチャーブックとは~
全国に248店をチェーン展開(12月1日現在)する未来書店が発行する体験型ブック。読者は実際の店頭に隠された手がかりを基に、物語内の謎を解きながらストーリーを読み進めていく。

■実施概要
書名:「未来屋アドベンチャーブック  謎解き体験ミステリー 破裂する電脳 inspired by怪奇大作戦」
発行:株式会社 未来屋書店
企画制作:株式会社 ハゴロモ
原作・監修:株式会社 円谷プロダクション
ストーリー:樹林 伸・リトルミラクル
謎製作:ピンキリ
イラスト:黒野ユウ(kittycreators)
販売価格:1,400円(税抜)
展開店舗:2015年1月10日(土)~3月29日(日)まで以下の3店舗で販売展開
・未来屋書店 イオンモール幕張新都心店
・未来屋書店 イオンレイクタウン店
・未来屋書店 名古屋茶屋店

※3月30日以降は、全国の未来屋書店で随時展開予定。
※展開時期と店舗は「未来屋書店公式サイト」及び「未来屋アドベンチャーブック公式Twitter」にて告知予定。

<あらすじ>
警視庁捜査一課課長、町田大蔵のもとに差出人不明の1通の手紙が届く。中には、炎の中で刃物を持ったような男の写真が1枚。そしてその裏側には「目撃者の脳から取り出した犯人の画像」という文字が。
差出人は誰なのか?写真を送ってきた目的は?そもそも「人間の脳から画像を取り出す」ことなど可能なのか?
町田はSRI(特殊科学捜査研究所)の牧 史郎らとその写真について考察する。
そして10年前の、ある未解決事件との関連を想起した。

数日後、未来屋書店にて不可思議な事件が発生する。
店を訪れていた客の頭部が突然破裂。内部から脳が飛び出し死亡。警視庁は正式にSRIに捜査協力を依頼する。
被害者の身元、脳が破裂した原因、そして10年前の未解決事件。SRIの捜査により謎が解明されていく!

<樹林 伸:プロフィール>
1987年、講談社に入社し「週刊少年マガジン」の編集に携わる。編集者時代の担当作品は『MMR』『GTO』など。
その後漫画原作者として『金田一少年の事件簿』(天樹征丸名義)『神の雫』(亜樹直名義)『BLOODY MONDAY』(龍門諒名義)などの大ヒット作を世に送る。『陽の鳥』『クラウド』などの小説も発表する他、アーティスト DEENへ詞の提供も行う。
また、2014年1月からスタートした漫画アプリ「マンガボックス」の編集長も務めている。7月にはメンタリスト DaiGoとの共著『冬を越せるキリギリス~好きなことだけを続ける仕事術~』が発売。10月からは週刊モーニングでワイン漫画『怪盗ルヴァン』が、小説野性時代で『ドクター・ホワイト』の連載がスタート。2015年1月からは、脚本を手がけた市川海老蔵の歌舞伎『石川五右衛門』が上演される。

【関連Webサイト】
未来屋書店公式サイト:http://www.miraiyashoten.co.jp/
未来屋アドベンチャーブック公式Twitter:https://twitter.com/miraiyaadv
株式会社 円谷プロダクション:http://m-78.jp/

(C)円谷プロ

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社円谷プロダクション
代表者名 永竹 正幸
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社円谷プロダクションの
    関連プレスリリース

    株式会社円谷プロダクションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域