よくある質問「プレスリリースの配信について」

例)会員登録、お支払いなど

Q
プレスリリースの配信について

プレスリリースを配信する上で効果の高い曜日、時間帯はありますか?

曜日(平日)による差異はほぼありませんが、
過去の実績から、午前中の閲覧率が比較的高いようです。

閲覧率が低下する夜間や土日祝日の配信はおすすめできません。

最短でどのくらいで配信できますか?

事前のご入金がお済みで(前金制)、お手元にプレスリリースの原稿があり、
且つリリースに不備がなければ、最短で15分後の配信が可能です。
ただし、同時刻の配信件数が多く、混みあっている場合は、
20分程度遅れて配信される場合もあります。

配信先メディアを選ぶことはできますか?

個別に配信先メディアを選定することはできません。

配信先のメディアはジャンル毎(全12ジャンル)に分かれており、
最大12ジャンルの選択が可能です。

尚、「ValuePress!」では、各メディア間・記者間の繋がりや相乗効果を考え、
全媒体・全12ジャンルへの配信をおすすめしています。

同じ内容のプレスリリースを複数回送ることはできますか?

同じ内容で再配信はできません。

切り口を変えるか、
あるいは前回プレスリリースに含まれない新しい情報を追加することで、
同テーマに関するプレスリリースを配信いただくことは可能です。

プレスリリースはどのように配信されますか?

「ValuePress!」では各メディアの記者の方から、
プレスリリース受信用のメールアドレス(個人、編集部)をご提供いただいています。

ご登録いただいたプレスリリースから、
「会社名」「配信日時」「タイトル」「要約」「URL」が抽出され、
メールの本文として記者の方にお送りします。

メディア記者側のご希望により、記者の受け取り方法は2種類あります。
(お客さま側ではご選択頂けません)

・通常配信
プレスリリースが配信される度に個別でメディア記者に配信されます。
配信メールはHTML形式で送信され、メールを開くと画像含むプレスリリース全文をご覧頂くことができます。

・ダイジェスト版配信
一日のプレスリリースをおまとめしてメディア記者に配信されます。
記者の方は、その内容を確認し、より詳しい内容を知りたいと思った場合は、
メール内の「URL」からリリース全文を確認する仕組みになっています。

配信されるメディアはどのくらいありますか?

常時変動していますが、平均して約1,000件程度とご理解ください。

ご登録いただいたリリースは、タイトルや要約が抽出され、
1,000名以上のメディア記者のメールアドレスへ送付されます。
※配信先メディアジャンル、プレスリリースの業界ジャンル、カテゴリの選択によって配信数は異なります。
※メディア数は日々変動いたします。

同時に最大70サイトの提携メディアへもリリースが掲載されます。

複数回プレスリリースを送りたい場合、どの程度間隔を空けてばいいでしょうか。

お送りするプレスリリース内容にもよりますが、短期で集中的に行う場合でも、
週に一回のペースが適切です。

さほど差異のないプレスリリースを短期間に多く配信することは、
一日に何百件ものプレスリリースを受け取っている記者の方に良い印象を与えません。

もう少し間隔を置きたい場合は2週間に一回程度のペースで配信すると、
記者側に既視感を与えることなく情報の流通を行うことができます。

自社メディアリスト(オリジナルリスト)へのプレスリリース送付は可能ですか?

定額プランをご利用の方のみ可能です。
ログイン後のアイコンメニュー【オリジナルリスト】ページにて、
予め自社リスト(オリジナルリスト)を登録した上で、
プレスリリース配信予約時の配信先選定の際に、
併せて自社リストもご選択ください。
自社リストのみへの配信(プレスリリースは配信しない)の場合は、
アイコンメニュー【作成・配信】より、
[オリジナルリスト配信コース]をご選択の上、ご登録ください。

フリーコースの配信先を教えてください。

1日1回のダイジェスト版を受信する約20名の記者へ配信されます。
例)テレビ東京、ケイコとマナブ、東京ウォーカー など

※フリーコースの配信リストは公開しておりません。

FAXでリリースを送付することはできますか?

FAXでのリリース送付はお受けしておりません。
メディアコンタクトコースをご利用の際、
コンタクト先メディアよりFAX送付の指定があった場合は、
対応させていただく場合がございます。

配信前にこちらが指定したメールアドレスへテスト配信することはできますか?

大変申し訳ございませんが、システム上お受けできません。

実際どのように見えるのかに関しましては、
配信登録を行う過程でのプレビュー画面にてご確認頂ける仕様となっております。

フリーコースと有料コースの違いはなんですか?

以下の違いがあります。

1.媒体記者への配信数

 フリーコース:約20件(1日1回のダイジェスト版を受け取る記者のみ)
 有料コース:1000名以上の記者(指定した時間に記者へ配信)
         ※配信先メディアジャンル、プレスリリースの業界ジャンル、
           カテゴリの選択によって配信数は異なります。

2.提携媒体(リリース転載媒体)への保証掲載数

 フリーコース:0サイト
 有料コース:約70サイト

3.添付資料

 フリーコース:1点
 有料コース:画像、PDFなど最大10点およびYoutube動画

4.配信後の掲載チェック対応

 フリーコース:なし
 有料コース:あり

5.配信結果調査(効果測定機能)

 フリーコース:なし
 有料コース:あり(一般閲覧数、記者閲覧数、アクセス推移、掲載場所報告など)

6.会員特典の利用(サービスメディアコンタクトなど)

 フリーコース:不可
 有料コース:可能

7.その他フリーコースにおける制限

 ・1日3件以上の配信不可
 ・連日の同方向案件の配信不可
 

フリーコースは、あくまでも弊社システムの流れを体感頂くことを目的としており、
配信数、効果の測定機能には制限がかかっております。
一方で有料コースは、情報をより広く、多く届けることを目的としております。

使用目的によって使い分けてご利用くださいませ。

エコノミーコースと定額スタンダードプランの違いはなんですか?

エコノミーコースと定額スタンダードプランの違いは以下の通りです。

【支払い方法】
・エコノミーコース・・・配信毎に30,000円のお支払い
・定額スタンダードプラン・・・毎月30,000円のお支払い

【配信本数】
・エコノミーコース・・・30,000円毎に1本配信可
・定額スタンダードプラン・・・30,000円にて毎月配信無制限

【原稿作成】
・エコノミーコース・・・ご自身にて原稿のご用意
・定額スタンダードプラン・・・弊社ライターによる原稿作成(依頼なしも可能)

サービスメディアコンタクトとはなんですか?

プレスリリースの配信に加えて、専任スタッフが案件に見合った媒体を最大3件選定し、
メールや電話等で個別に媒体へ掲載プッシュを行う配信オプション(無料)です。
ご利用対象はエコノミーコース、定額スタンダードプランをご利用のお客様となります。
ご希望の場合は、それぞれのコースの配信予約の際に、フォーム上でご指定ください。

なお、コンタクトする媒体は、弊社が掲載確率などを踏まえ独自に選定をするため、
お客様のご要望を承ることはできません。
また、選定した媒体名の公開や進捗のご報告等は承っておりませんので、予めご了承ください。
コンタクトをおこなった媒体よりお問い合わせや掲載確約をいただいた場合は、
ご連絡、お取り次ぎさせていただきます。

コンタクトする媒体を指定したい場合や媒体の反応を確認したい場合は、
定額ビジネスプラン、または定額スタンダードプランのオプション「メディアコンタクト」のご利用をご検討ください。

プレスリリースはスマートフォン画面でも表示されますか?

はい、配信されたプレスリリースはスマートフォン画面でもご覧頂けます。
ただし、プレスリリースの要約部分は表示されません。
スマートフォン画面ではタイトル・本文のみの表示となりますので、重要な情報はタイトル、
もしくは本文内にも含めて頂ますようお願いいたします。

自社メディアリスト(オリジナルリスト)への配信件数に上限はありますか?

最大で300件まで配信可能です。
(プレスリリースと同時配信の場合、オリジナルリスト配信コース利用の場合、いずれも)
予めご登録が可能なメールアドレス件数も300件が上限です。
リストを複数登録する場合、
全リストの合計件数が300件以内である必要があります。

よくある質問ジャンル一覧

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る