ValuePress!

プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

よくある質問「リリースの原稿作成について」

例)会員登録、お支払いなど

Q
リリースの原稿作成について

プレスリリースの書き方がわかりません。

弊社ホームページ上で、プレスリリースの作成ツールを無料でご用意しています。

・プレスリリースの書き方そのものを知りたいとき
▼3分でわかる!プレスリリースの書き方
https://www.value-press.com/howtowrite

・どんな切り口があり得るか、切り口別の雛形が知りたいとき
▼プレスリリースの雛形100選
https://www.value-press.com/samples

・ある程度内容は決まっておられ、すぐに配信したいとき
▼3分作成ツール
https://www.value-press.com/tool_3minutes

・お手元で作成したリリース原稿を校正したいとき
プレスリリース校正ツール
https://www.value-press.com/proofreader

・配信後のプレスリリースの広め方
▼プレスリリースを広める7つの方法
https://www.value-press.com/news/20150309


また、配信希望日までスケジュールに余裕があれば(1週間先に配信)、
弊社にて原稿を作成するプレミアムコース(原稿作成料無料/配信料のみ)
もございますので、ご利用ください。
関連資料をご用意いただき、弊社にて原稿を作成いたします。

ご都合のよい方法にてご検討くださいませ。

画像やデータなどを添付することは可能ですか?

可能です。

最大10点までアップロードできます(1点につき最大5MB)。
・アップロードできるファイル形式は、jpg, jpeg, png, gif, pdf, doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptxです。
・アップロードできる画像のサイズは、幅400〜700px/高さ200〜2,000pxです。
・画像ファイルはリリースページで直接表示・確認が可能、
 PDFファイル等、データファイルは「添付資料」という形でリンクが形成
・添付ファイルとは別にリリース内にYoutubeの動画掲載も可能(有料コースのお客様のみ)


配信予約を完了したリリースが「承認待ち」という状態なのですが、配信はされますでしょうか?

配信予約済みのプレスリリースは、
弊社側で承認作業(内容チェック)を行った上で配信されます。

ステータスの種類は『承認待ち/配信待ち/配信済/未承認』の4種類です。

承認待ち:弊社の承認作業前の状態

配信待ち:弊社の承認作業が完了し、指定配信時間まで待機状態

配信済み:弊社の承認作業が完了し、配信が完了している状態

未承認:リリースに不備があり、現在の内容では配信ができない状態

現在のステータスは、ログイン後のアイコンメニュー【履歴・効果測定】ページにて、
ご確認いただけます。

配信登録が完了した原稿を修正するにはどうすればいいですか?

配信登録が完了した原稿(ステータスが承認待ちまたは配信待ち)を修正する場合は、
ログイン後のアイコンメニュー【履歴・効果測定】ページにて、
対象のリリースのステータス部分に≪下書きに戻す≫というテキストリンクがありますので、
クリックしてください。

下書きに戻しますと、対象のリリースはアイコンメニュー【案件管理】ページに移動し、
修正対応後、再度、配信登録が可能です。

下書きに戻すことで、課金された30,000円は「現在の残高」に戻ります。

自社で作成したPDFやワードファイルでリリースは配信できますか?

PDFやワードファイルのみを配信することはできません。

「ValuePress!」では、配信登録フォームにご入力いただいた内容を配信しますので、
PDFやワードファイル内の文字を、
配信登録フォームにご入力(コピー&ペースト)いただく必要があります。

プレスリリースにファイル添付が可能ですので、
フォームにご入力いただいた上で、PDFやワードファイルを添付いただくことは可能です。

リリースの本文中で、自社のWebサイトのリンクを張ることは可能ですか?

「http://」からはじまるWebサイトのURLを記載するだけで、
その部分がリンクとして機能します。
リンクタグ <a href="http://www.abcdefg.jp"≫abcdefg</a> の設定は必要ありません。
(ページ上でリンクタグがそのまま表示されてしまいますのでご注意ください)

「ValuePress!」ではそのリリース内の、どのリンクが、何回クリックされたのかを
カウントする機能も実装しておりますので、企業Webサイトや商品サイトなど、
関連情報を扱うサイトがあれば積極的にリンクを貼って頂いただくことをお勧めします。

ただし、タイトルおよび要約に入力いただいたURLはリンク設定はされませんので、
タイトルや要約へのURLのご入力はご遠慮ください。

原稿作成を依頼したいのですが、○○業界に特化したライターはいますか?

弊社ライターは、薬事法なども含め、全業界における専門知識を
持っているわけではありません。

プレスリリースの受け取り側であるメディア記者も、
ある特定の業界に詳しいということはあっても、専門家とは異なります。

極力専門用語は使わず、「どこにニュース性があるのか」を
誰でもすぐに理解できる書き方が、プレスリリースを作成する上では重要であり、
弊社でも、それを意識して原稿を作成しております。

問い合わせ先はどのように記載すればよいのでしょうか。

プレスリリースの末尾には必ず問い合わせ先を記載頂く必要がありますが、
一般的な記載方法は以下の通りです。

問い合わせ記入例:
===================================
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社●●●●●
 ■担当者 ▲▲▲▲(お名前)
 ■TEL   03-1234-5678
 ■URL   http://www.aiueo.jp/
 ■Email ▲▲▲▲@aiueo.jp
===================================

電話番号、メールアドレスのいずれかの記載は必須です。
自社サイトのお問い合わせフォームへのリンクは、
問い合わせ先の記載方法としては認められません。

電話番号は支障がない限り記入をお願いいたします。
多忙な記者の方がメールでの問い合わせを行い、
その回答を待つということは非常に考えにくく、
即時性を求めるメディアでは、すぐに連絡が取れない、
すぐに回答が得られないという理由で、
取材対象から外れてしまうことも考えられます。

また、電話番号が公開されていないということにより、
その企業や情報に対する信頼度が低下し、
結果、掲載や取材対象から外れてしまうというケースも
あり得ることをご理解ください。

ステータスが「配信待ち」のリリースに修正を加えることは可能ですか?

可能です。

配信登録が完了した原稿(ステータスが承認待ちまたは配信待ち)を修正する場合は、
ログイン後のアイコンメニュー【履歴・効果測定】ページにて、
対象のリリースのステータス部分に≪下書きに戻す≫というテキストリンクがありますので、
クリックしてください。

下書きに戻すと、対象のリリースはアイコンメニュー【案件管理】ページに移動し、
修正対応後、再度、配信登録が可能です。
下書きに戻すことで、課金された30,000円は「現在の残高」に戻ります。

原稿はすでに自社で用意してあるので、校正のみお願いできますか?

一から原稿を書き起こすのではなく、校正レベルで
修正対応のみの場合においても、
弊社で原稿作成をお受けするプレミアムコースをお申し込みいただく必要があります。

校正対応のみのご依頼でも、原稿の確定までに3営業日を要する可能性がございますので、
予めご了承の上、お申し込みください。

配信ご希望日までに十分なお日にちがない場合は、弊社ホームページにて無料で
ご利用いただけます下記ツールをご利用くださいませ。


・お手元で作成したリリース原稿を校正したい場合
プレスリリース校正ツール
https://www.value-press.com/proofreader

リリースをセットしたところ、『リリース原稿内容不備』として承認されませんでした。

ValuePress!では、下記に該当するリリースは全て「非承認」とさせていただいております。

こんなリリースは配信できません。
https://www.value-press.com/user/release/attention

お手数ではございますが、再度プレスリリース原稿の見直しをお願いいたします。

「配信不備」となり、承認されなかったリリースを再度配信したい場合はどのような手続きが必要ですか?

配信予約していただいたプレスリリースが承認されなかった場合、
まず会員登録のメールアドレスに、メールで非承認となって旨をお送りし、
その不備理由については、ログイン後のアイコンメニュー【マイエージェント】ページにて、
お知らせしていますので、
ご確認の上、対象箇所を修正の上、再度ご登録をお願いいたします。

ログイン後のアイコンメニュー【案件管理】ページより、修正、再登録が可能です。

不備理由が≪内容不適切≫の場合は、
記載不備や記載ミスによる、弊社の認識相違などのケースを除き、
そもそも案件として配信不可(既存商品の案内など)という場合が多く、
その場合は、改めてご登録いただいても配信することはできません。

『リリース原稿内容不備』の理由が「プレスリリースの内容としては不適切」というものでした。

「ValuePress!」は、各メディアに対し、
プレスリリース=報道関係者向け資料(ニュースの素材)をお届けするサービスです。

直接、消費者の閲覧、集客を目的としたような内容であったり、
新規性、話題性、ニュース制に欠ける、ニュースの素材としては捉えにくいような内容を、
報道関係者向け資料として、メディアに送付することは、
お客様がプレスリリースの趣旨を理解していないと判断されることもあり、
お客様の心象を悪くする可能性もあります。

メディアとの良好な関係をお客様に築いていただくため、
プレスリリースとして不適切と弊社が判断したものは、
事前に通知、配信をお控えいただくようお願いをしております。

〜プレスリリースとして相応しい内容例〜
・新製品、新サービス、サイトオープンの発表
・イベント、セミナー等の開催告知
・会社設立、支店、営業所、店舗等の新設告知
・キャンペーン実施の告知
・リサーチ、アンケート等の結果報告
・業務提携に関する告知
・IR情報

特に多いのが「直接、消費者の閲覧、集客を目的としたような内容」です。

「プレスリリース」は「セールスレター」とは似て非なるものです。
消費者にとっては有益な情報、例えばセール情報などであっても、
ニュース素材にはなりません。

プレスリリースは広告ではありませんので、
上記に提示した“相応しい内容”に当てはまらない内容は、
配信することはできないものとご理解ください。

また、内容に問題がなくても、表現の問題から承認されない場合がございます。

例1『●●発売中!』

既に発売・展開している商品やサービスのリリースは
ニュース性に欠けるため基本的に配信はできません。
新たな機能の実装やキャンペーンなどニュース性を付加する必要があります。

※配信が認められる例
『XXXX年XX月XX日より、●●の販売を開始致しました。』

あまりに古い商品・サービスの場合は配信できませんが、
販売開始から2週間程度であれば配信可能です。
ただし、開始から時間が経過してしまっているものは、
その分メディアからのリアクションも低くなることをご理解ください。

例2『●●が人気!』

販売数や自社調査以外のランキング(例:オリコン3位)など、
その根拠となる客観的なデータが添えられていない場合は「営業目的」と判断いたします。
特に自画自賛な表現は、サービス、商品の信憑性を下げることに繋がる可能性があります。

※配信が認められる例
『●●の加入者が1万人を突破いたしました。』

webサイトはもちろん、会員制のサービスを展開している企業や各種施設など、
利用者数がそのサービス規模や価値を実証するひとつの指標となるため、
その人気ぶりを証明することができます。

動画をリリースに添付することはできますか?

YoutubeのURLをご入力いただくことで、
プレスリリースの表示画面上で、動画再生が可能です。

また、添付の数に制限はございません。

配信登録時にご設定ください。

原稿のリーガルチェックはしてくれますか?

お客さまからお申込みいただいた内容にて原稿作成を進めさせて頂くことは可能ですが、
リーガルチェックは含まれません。

薬事法・金融商品取引法など各種法に抵触する可能性がある案件につきましては、
お客様の責任においてご確認、ご登録をお願い致します。

リリースの原稿を作成する上で文字数の制限はありますか?

ValuePress!ではプレスリリースをご登録いただく際、
3つの構成でご登録いただいておりますが、
それぞれ文字数の制限があります。

(1)タイトル:80文字以内

(2)要約:400文字以内

(3)本文:500文字以上~10,000文字以内


文字数制限をご確認のうえ、プレスリリース原稿を登録くださいませ。

よくある質問ジャンル一覧

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る