プレスリリース配信サービス

詳細検索

公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

http://www.public.or.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

パブリックリソース財団が休眠預金を活用した「支援付き住宅建設・人材育成事業」の公募を開始。最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に年350万円を助成。

休眠預金等活用法に基づく事業として、支援付き住宅の建設と生活支援を行う人材の育成をセットで支援し、ソーシャルビジネスモデルの構築を目指す。助成額は最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に1年あたり350万円を助成。全国を対象に3団体を採択し、約3年間の継続助成を予定。

  • !2020年4月1日 10時
  • a医療・健康
  • aサービス

女性にまつわる課題解決を応援する「あい基金」が、3月2日に2019年度助成先の贈呈式を開催。社会学者・上野千鶴子の特別講演会も同時開催!

「あい基金」は日本初の「女性のための草の根基金」として2015年に創設。現在は東日本大震災被災地にて、女性がいきいきと働く生業づくりや、力を発揮できる取り組みを支援しており、2019年度は2団体を採択。3月2日に東京都内で贈呈式を行います。社会学者で東京大学名誉教授の上野千鶴子氏による特別講演も実施します。

  • !2020年2月18日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」 返済不要の「はばたき奨学金」の奨学生に55名が内定、3月30日に贈呈式が開催

「魚沼の未来基金」は、塩沢信用組合がパブリックリソース財団と協働し、2016年に創設。魚沼地域のひとり親世帯の高校生を対象に、返済不要の「はばたき奨学金」を給付しています。第4期となる来年度の奨学生に55名が内定されました。

  • !2020年1月29日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」が1月17日、新潟県民税の寄付金控除の対象に指定。金額に応じて住民税控除可能に!

2020年1月1日以降の寄付が対象です。「地域のために」と寄付をした方は、県民税控除というメリットが受けられるようになりました。

  • !2020年1月23日 17時
  • a国・自治体・公共機関
  • aサービス

休眠預金等活用法 に基づく事業としてパブリックリソース財団が「子ども支援団体の組織基盤強化」事業を実施!12月23日より全国で公募開始。1件あたり年360万

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体に選定され、子ども支援に取り組む団体の組織基盤強化の取り組みを支援。子どもの健やかな育ちが実現することを目的として、1件あたり年間360万円を上限に、3年間の継続助成を予定。

  • !2019年12月24日 17時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

“子どもの貧困の連鎖”を断ち切り、格差問題を解消!大和証券グループによる「こども応援基金」の助成先7団体が決定、1月21日に授与式が開催

「大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金」は、大和証券グループからの寄付をもとに、2017年に創設。子どもの環境改善や貧困の連鎖の防止に取り組むイノベーティブな事業を支援しています。第3回となる今年度は、全国から38件が応募。その中から新規採択2団体が選定されました。

  • !2019年12月19日 15時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

2019年度「第3回チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞」が決定!

今年で3回目を迎えた「チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞」。 全国各地の地域の社会変革に地道に活動してきた女性リーダー6名の入賞者から 「障害」と「女性」という複合差別の解消に取り組み続ける DPI女性障害者ネットワーク 代表 藤原久美子さんが大賞を受賞しました。

  • !2019年12月11日 11時
  • a国・自治体・公共機関
  • aその他

新着プレスリリース

パブリックリソース財団が休眠預金を活用した「支援付き住宅建設・人材育成事業」の公募を開始。最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に年350万円を助成。

休眠預金等活用法に基づく事業として、支援付き住宅の建設と生活支援を行う人材の育成をセットで支援し、ソーシャルビジネスモデルの構築を目指す。助成額は最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に1年あたり350万円を助成。全国を対象に3団体を採択し、約3年間の継続助成を予定。

  • !2020年4月1日 10時
  • a医療・健康
  • aサービス

女性にまつわる課題解決を応援する「あい基金」が、3月2日に2019年度助成先の贈呈式を開催。社会学者・上野千鶴子の特別講演会も同時開催!

「あい基金」は日本初の「女性のための草の根基金」として2015年に創設。現在は東日本大震災被災地にて、女性がいきいきと働く生業づくりや、力を発揮できる取り組みを支援しており、2019年度は2団体を採択。3月2日に東京都内で贈呈式を行います。社会学者で東京大学名誉教授の上野千鶴子氏による特別講演も実施します。

  • !2020年2月18日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」 返済不要の「はばたき奨学金」の奨学生に55名が内定、3月30日に贈呈式が開催

「魚沼の未来基金」は、塩沢信用組合がパブリックリソース財団と協働し、2016年に創設。魚沼地域のひとり親世帯の高校生を対象に、返済不要の「はばたき奨学金」を給付しています。第4期となる来年度の奨学生に55名が内定されました。

  • !2020年1月29日 10時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」が1月17日、新潟県民税の寄付金控除の対象に指定。金額に応じて住民税控除可能に!

2020年1月1日以降の寄付が対象です。「地域のために」と寄付をした方は、県民税控除というメリットが受けられるようになりました。

  • !2020年1月23日 17時
  • a国・自治体・公共機関
  • aサービス

休眠預金等活用法 に基づく事業としてパブリックリソース財団が「子ども支援団体の組織基盤強化」事業を実施!12月23日より全国で公募開始。1件あたり年360万

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体に選定され、子ども支援に取り組む団体の組織基盤強化の取り組みを支援。子どもの健やかな育ちが実現することを目的として、1件あたり年間360万円を上限に、3年間の継続助成を予定。

  • !2019年12月24日 17時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

“子どもの貧困の連鎖”を断ち切り、格差問題を解消!大和証券グループによる「こども応援基金」の助成先7団体が決定、1月21日に授与式が開催

「大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金」は、大和証券グループからの寄付をもとに、2017年に創設。子どもの環境改善や貧困の連鎖の防止に取り組むイノベーティブな事業を支援しています。第3回となる今年度は、全国から38件が応募。その中から新規採択2団体が選定されました。

  • !2019年12月19日 15時
  • aその他サービス
  • a告知・募集

2019年度「第3回チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞」が決定!

今年で3回目を迎えた「チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞」。 全国各地の地域の社会変革に地道に活動してきた女性リーダー6名の入賞者から 「障害」と「女性」という複合差別の解消に取り組み続ける DPI女性障害者ネットワーク 代表 藤原久美子さんが大賞を受賞しました。

  • !2019年12月11日 11時
  • a国・自治体・公共機関
  • aその他

企業情報

公益財団法人パブリックリソース財団のロゴ

企業名

公益財団法人パブリックリソース財団

所在地

中央区湊2-16-25 ライオンズマンション鉄砲洲第3 202

代表者名

久住 剛

URL

http://www.public.or.jp/

業種

その他サービス

事業内容

資金等を募り、管理・活用する事業、企業の社会貢献活動の支援、社会的活動を行うNPO 等に対する研修事業、調査研究、情報発信、政策提言に関する事業

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る