プレスリリース配信サービス

詳細検索

一般財団法人労務行政研究所のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://www.rosei.or.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

ビジネスパーソン800人調査  「仕事力」があると思う企業、有名人ランキング

民間調査・研究機関の(財)労務行政研究所では「仕事力」(仕事ができる人・組織の力)について、プロジェクト研究を行っています。今回、ビジネスパーソンを対象に「あなたが考える仕事力があると思う企業・有名人とは?」「あなたが考える“仕事力”とは?」――についてアンケート調査を行いました。

  • !2010年11月17日 19時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

仕事ができる「人材」や「組織」の在り方を研究するWEBサイトをオープン!

民間の調査・研究機関である(財)労務行政研究所(東京都港区)では、このほど、仕事ができる「人材」や「組織」の在り方を研究するプロジェクト(名称:「新しい日本の仕事力を生み出そう」プロジェクト)のWEBサイトをオープンしました。 https://www.rosei.or.jp/shigotoryoku/

  • !2010年10月21日 21時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

職場における上司の実像

民間調査機関の労務行政研究所 ジンジュール編集部が実施した調査によると、職場の上司に関して、以下の結果が明らかになりました。 (1)職場における人間関係の悩みのタネは男性上司がトップ (2)上司の“弱み”は「部下のやる気を引き出す力」 (3)理想の上司は、男性がタモリさん、女性は天海祐希さん

  • !2010年9月7日 15時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

企業におけるメンタルヘルスの実態と対策

民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」を実施した。これによると,最近3年間においてメンタルヘルス不調者が「増加している」と回答した企業は44.4%で,2年前の調査時(55.2%) に比べると10ポイント程度減少していることが分かった。

  • !2010年8月31日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

上司・先輩からみた新入社員のイメージ調査 〜理想の新入社員は、男性がゴルフの石川 遼選手、女性はフィギュアスケートの浅田真央選手〜

上司や先輩は、新入社員の「社内ルールを守る」「目線を合わせて話せる」「学ぶ意欲がある」点を評価。見直してほしい点は、「行動」「あいさつ」「言葉遣い」「携帯電話依存」。 理想の新入社員は、男性がゴルフの石川 遼選手、女性はフィギュアスケートの浅田真央選手。

  • !2010年7月7日 15時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

労務行政研究所、フリーペーパーとウェブサイトによる新媒体「jin-jour ジンジュール」を創刊。

人事・労務の専門情報誌『労政時報』を編集する労務行政研究所では、7月5日に、ビジネスパーソンに向けた新しい形態のフリーペーパー「ヒト×カイシャ=元気」を育てるWebマガジン「jin-jour ジンジュール」を創刊しました。

  • !2010年7月5日 16時
  • aビジネス・人事サービス
  • aサービス

企業の情報管理に関するアンケート

民間調査機関の労務行政研究所では,「企業の情報管理に関するアンケート」を実施した。これによると,社員が電子メールを“うっかりミス”で送信してしまったケースでも懲戒対象となり,「社内機密データを勝手に持ち出し,インターネット上で公開した」場合は約半数の企業が「懲戒解雇」する,などが明らかになった。

  • !2010年6月30日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2010年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

民間調査機関の (財) 労務行政研究所では,東証第1部上場企業142社を対象に2010年夏季賞与(ボーナス)の妥結水準を調査した。これによると,全産業平均金額は66万2832円,同一企業でみた昨夏の妥結実績と比較すると,額で1万5522円,対前年同期比で2.4%の増加と2年ぶりにプラスに転じた。

  • !2010年5月6日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2010年度 新入社員の初任給調査

民間調査機関の労務行政研究所では,東証第1部上場企業を対象に今年4月入社者の決定初任給を調査し,238社について速報集計をまとめた。これによると,96.6%とほとんどの企業が初任給を据え置く結果となった。金額は大学卒で20万5641円,昨年度に比べ,70円・0.0%とほぼ横ばいの状況である。  

  • !2010年4月20日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向

民間調査機関の労務行政研究所では,企業における役職への昇進年齢の実態と,5年前と比較した昇進スピード変化について調査を行った。各社の制度上の「最短」昇進年齢の平均値は「係長」29.5歳,「課長」33.9歳,「部長」40.1歳。また,早期登用の広まりから昇進スピードの個人差は広がる傾向のあることが分かった。

  • !2010年4月1日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2010年賃上げの見通し―労使,学識者459人アンケート調査

2010年の賃上げの見通しは, 全回答者459人の平均(定昇分含む)で「5125円・1.64%」。厚生労働省の09年主要企業賃上げ実績(5630円・1.83%)を約 500円・0.2ポイント下回り,1974 年の調査開始以来,03年(予測値 1.5%)に次いで2番目に低い水準となった。

  • !2010年2月3日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2009年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査(労務行政研究所)

9月2日時点ですでに決定している年末賞与・一時金の水準は,全産業平均(218社)で65万9864円・対前年比13.1%減と,2002年以来7年ぶりの対前年実績ダウンとなった。夏季一時金(春闘時決定分集計:14.4%減)に引き続き,年末一時金としては,1970年の調査開始以来最大の下げ幅を記録した。

  • !2009年10月6日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

緊急調査!企業における新型インフルエンザ対策の実態

民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,急速に患者数が増え,企業経営にも多大な影響を及ぼす新型インフルエンザA(H1N1)対策について,緊急企業調査を行った。これによると,流行時の感染予防策のほか、従業員を自宅待機とした場合の賃金の取り扱い等が明らかになっている。

  • !2009年9月9日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

景気低迷下における一時帰休・休業等の実施状況

景気低迷下の受注減に伴う操業調整や雇用維持等のために,社員の休業など不況対策としての労働時間関連施策を実施する状況を聞いたところ,2009 年1 月から4 月末までの間に“何らかの施策を実施した”企業は全体の33.7%,このうち「一時帰休・休業」の実施率が80.4%にも上ることが明らかになった。

  • !2009年8月20日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

不況下における企業の出張経費削減事情

民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,出張費用の削減状況について調査し,このほど結果をとりまとめた。 100年に1度ともいわれる厳しい経済情勢を反映し,国内出張については53%,海外出張については44%の企業が,費用を削減したことが明らかとなった。

  • !2009年7月9日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

新着プレスリリース

ビジネスパーソン800人調査  「仕事力」があると思う企業、有名人ランキング

民間調査・研究機関の(財)労務行政研究所では「仕事力」(仕事ができる人・組織の力)について、プロジェクト研究を行っています。今回、ビジネスパーソンを対象に「あなたが考える仕事力があると思う企業・有名人とは?」「あなたが考える“仕事力”とは?」――についてアンケート調査を行いました。

  • !2010年11月17日 19時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

仕事ができる「人材」や「組織」の在り方を研究するWEBサイトをオープン!

民間の調査・研究機関である(財)労務行政研究所(東京都港区)では、このほど、仕事ができる「人材」や「組織」の在り方を研究するプロジェクト(名称:「新しい日本の仕事力を生み出そう」プロジェクト)のWEBサイトをオープンしました。 https://www.rosei.or.jp/shigotoryoku/

  • !2010年10月21日 21時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

職場における上司の実像

民間調査機関の労務行政研究所 ジンジュール編集部が実施した調査によると、職場の上司に関して、以下の結果が明らかになりました。 (1)職場における人間関係の悩みのタネは男性上司がトップ (2)上司の“弱み”は「部下のやる気を引き出す力」 (3)理想の上司は、男性がタモリさん、女性は天海祐希さん

  • !2010年9月7日 15時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

企業におけるメンタルヘルスの実態と対策

民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,「企業のメンタルヘルス対策に関する実態調査」を実施した。これによると,最近3年間においてメンタルヘルス不調者が「増加している」と回答した企業は44.4%で,2年前の調査時(55.2%) に比べると10ポイント程度減少していることが分かった。

  • !2010年8月31日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

上司・先輩からみた新入社員のイメージ調査 〜理想の新入社員は、男性がゴルフの石川 遼選手、女性はフィギュアスケートの浅田真央選手〜

上司や先輩は、新入社員の「社内ルールを守る」「目線を合わせて話せる」「学ぶ意欲がある」点を評価。見直してほしい点は、「行動」「あいさつ」「言葉遣い」「携帯電話依存」。 理想の新入社員は、男性がゴルフの石川 遼選手、女性はフィギュアスケートの浅田真央選手。

  • !2010年7月7日 15時
  • aビジネス・人事サービス
  • a研究・調査報告

労務行政研究所、フリーペーパーとウェブサイトによる新媒体「jin-jour ジンジュール」を創刊。

人事・労務の専門情報誌『労政時報』を編集する労務行政研究所では、7月5日に、ビジネスパーソンに向けた新しい形態のフリーペーパー「ヒト×カイシャ=元気」を育てるWebマガジン「jin-jour ジンジュール」を創刊しました。

  • !2010年7月5日 16時
  • aビジネス・人事サービス
  • aサービス

企業の情報管理に関するアンケート

民間調査機関の労務行政研究所では,「企業の情報管理に関するアンケート」を実施した。これによると,社員が電子メールを“うっかりミス”で送信してしまったケースでも懲戒対象となり,「社内機密データを勝手に持ち出し,インターネット上で公開した」場合は約半数の企業が「懲戒解雇」する,などが明らかになった。

  • !2010年6月30日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2010年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

民間調査機関の (財) 労務行政研究所では,東証第1部上場企業142社を対象に2010年夏季賞与(ボーナス)の妥結水準を調査した。これによると,全産業平均金額は66万2832円,同一企業でみた昨夏の妥結実績と比較すると,額で1万5522円,対前年同期比で2.4%の増加と2年ぶりにプラスに転じた。

  • !2010年5月6日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2010年度 新入社員の初任給調査

民間調査機関の労務行政研究所では,東証第1部上場企業を対象に今年4月入社者の決定初任給を調査し,238社について速報集計をまとめた。これによると,96.6%とほとんどの企業が初任給を据え置く結果となった。金額は大学卒で20万5641円,昨年度に比べ,70円・0.0%とほぼ横ばいの状況である。  

  • !2010年4月20日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向

民間調査機関の労務行政研究所では,企業における役職への昇進年齢の実態と,5年前と比較した昇進スピード変化について調査を行った。各社の制度上の「最短」昇進年齢の平均値は「係長」29.5歳,「課長」33.9歳,「部長」40.1歳。また,早期登用の広まりから昇進スピードの個人差は広がる傾向のあることが分かった。

  • !2010年4月1日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2010年賃上げの見通し―労使,学識者459人アンケート調査

2010年の賃上げの見通しは, 全回答者459人の平均(定昇分含む)で「5125円・1.64%」。厚生労働省の09年主要企業賃上げ実績(5630円・1.83%)を約 500円・0.2ポイント下回り,1974 年の調査開始以来,03年(予測値 1.5%)に次いで2番目に低い水準となった。

  • !2010年2月3日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2009年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査(労務行政研究所)

9月2日時点ですでに決定している年末賞与・一時金の水準は,全産業平均(218社)で65万9864円・対前年比13.1%減と,2002年以来7年ぶりの対前年実績ダウンとなった。夏季一時金(春闘時決定分集計:14.4%減)に引き続き,年末一時金としては,1970年の調査開始以来最大の下げ幅を記録した。

  • !2009年10月6日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

緊急調査!企業における新型インフルエンザ対策の実態

民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,急速に患者数が増え,企業経営にも多大な影響を及ぼす新型インフルエンザA(H1N1)対策について,緊急企業調査を行った。これによると,流行時の感染予防策のほか、従業員を自宅待機とした場合の賃金の取り扱い等が明らかになっている。

  • !2009年9月9日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

景気低迷下における一時帰休・休業等の実施状況

景気低迷下の受注減に伴う操業調整や雇用維持等のために,社員の休業など不況対策としての労働時間関連施策を実施する状況を聞いたところ,2009 年1 月から4 月末までの間に“何らかの施策を実施した”企業は全体の33.7%,このうち「一時帰休・休業」の実施率が80.4%にも上ることが明らかになった。

  • !2009年8月20日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

不況下における企業の出張経費削減事情

民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では,出張費用の削減状況について調査し,このほど結果をとりまとめた。 100年に1度ともいわれる厳しい経済情勢を反映し,国内出張については53%,海外出張については44%の企業が,費用を削減したことが明らかとなった。

  • !2009年7月9日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

企業情報

一般財団法人労務行政研究所のロゴ

企業名

一般財団法人労務行政研究所

所在地

品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F

代表者名

猪股 宏

URL

https://www.rosei.or.jp/

業種

新聞・出版・放送

事業内容

編集、書籍制作、調査、研究

この企業のFacebookを見る

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る