プレスリリース配信サービス

詳細検索

一般財団法人労務行政研究所のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://www.rosei.or.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

緊急調査 企業のマイナンバー対応状況アンケート

①マイナンバーの収集に向けた事務の対応状況は、11月時点で39.6%の企業で対応完了、59.2%で対応中。未対応はわずか1.2%、②実務面での課題(複数回答)は、「マイナンバー収集・保管・廃棄」50.4%、「安全管理措置」41.2%、「業務量の増大」40.0%、③マイナンバーの適正な取り扱いのために事務取扱担当者に教育・研修を「実施した」企業は50.6...

  • !2015年12月9日 14時
  • aビジネス・人事サービス
  • a企業の動向

東証第1部上場企業の2015年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査~全産業199社ベースで73万2888円、前年同期比3.7%増と2年連続で増加~

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏 東京都品川区西五反田3-6-21)では、東証第1部上場企業199社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2015年年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集計した(2015年9月11日現在)。

  • !2015年10月16日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2015年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査~全産業122社ベースで73万4434円、前年同期比3.0%増と2年連続のプラス~

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄 東京都品川区西五反田3-6-21)では、東 証第1部上場企業122社を対象に、今年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・ 集計した(2015年4月15日現在)。

  • !2015年5月7日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2015年度 新入社員の初任給調査」 ~東証第1部上場企業218社の速報集計。4割の企業が初任給を全学歴引き上げ~(労務行政研究所調査)

39.9%の企業が15年度の初任給を「全学歴引き上げ」した結果となり、割合は14年度速報集計時の23.2%から約17ポイントの増加。一方、初任給を「据え置き」した企業は58.7%。据え置き率は、09年度以降9割台の高い率で推移していたが、14年度75.5%、15年度58.7%とここ2年は顕著に低下。

  • !2015年4月23日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2015年賃上げの見通し―労使および専門家504人アンケート ~定昇込みで昨年実績並みの2.2%と予測。 経営側の35.7%がベアを「実施する予定」~

2015年の賃上げ見通しは、平均で「6788円・2.18%」(定期昇給分を含む)となった。労使別に見た平均値は、労働側6867円・2.21%、経営側6507円・2.08%である。ベースアップについては、経営側では「実施する予定」35.7%、「実施しない予定」37.6%となった。ベア実施予定は増加傾向

  • !2015年1月29日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2016年採用後ろ倒しによる企業の対応、採用担当者のホンネを調査~採用指針の遵守を予定する企業は44%だが、担当者個人だと完全遵守派は25%~

企業としては「遵守意向」を持ちつつ、採用担当者としては「早期広報・選考」や「独自のスケジュール」で活動したいのがホンネ。 現在実施中で、さらに「拡大・充実」する施策は、「大学での会社説明会・セミナー」が45.6%。次いで「自社での会社説明会・セミナー」34.3%など。「インターンシップ」は4社に1社

  • !2014年12月19日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2014年度のベア実施企業は45.9%。13年度の10.6%から大幅に増加~賞与も含めた14年度の年収額は1社当たり約503万円で、前年度と比べて17万円増加~

民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所が実施した「2014年度 モデル賃金・賞与実態調査」によると、2014年度にベアを実施した企業は全体の45.9%に達し、昨年度の10.6%から大幅に増加した。企業業績の回復を受け、ベアを含む賃上げが広がった状況が分かる結果となっている。

  • !2014年11月5日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査 ~年間協定による妥結済み企業では、対前年同期比4.6%増と3年ぶりにプラス~

(一財)労務行政研究所では東証1部上場企業206社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2014年年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集計した(2014年9月10日現在)。 平均金額は206社の平均で70万9283円、対前年同期比で4.6%増加。2011年以来3年ぶりにプラスとなった。

  • !2014年10月8日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査 ~90年代前半と比べ、グレードダウンが顕著~ 労務行政研究所調査

【1.国内出張におけるグリーン車利用】 従業員では「認めない」が8~9割台。役員でも「認める」割合は減少 【2.海外出張における航空機利用等級基準】 役員ではビジネス、従業員ではエコノミーの増加が顕著 【3.国内出張費用の削減状況】 最近3年間で33.6%が削減。具体的内容は「日当の見直し」が43.4%で最多

  • !2014年6月5日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2014年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査 ~全産業125社ベースで70万5792円、前年同期比5.7%増と3年ぶりの大幅増~

労務行政研究所の調査結果では平均金額は125社の平均で70万5792円、対前年同期比で5.7%増加と大幅に上昇、リーマンショック後では最も高い妥結額に。製造業は同6.6%増、非製造業も同2.6%増。平均支給月数は127社の平均で2.35カ月。同一企業で比較すると、68.5%の企業で前年より月数が増加

  • !2014年5月8日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2014年度 新入社員の初任給調査」~東証第1部上場企業237社の速報集計。初任給を前年度と同額に据え置いた企業は75.5%で、前年度比20ポイントの減少~

労務行政研究所は、今年4月入社者の決定初任給を調査し、東証1部上場企業237社について速報集計をまとめた。 2014年度の初任給を前年度と同額に据え置いた企業が75.5%で、13年度(95.4%)に比べて約20ポイント低下。大手中心にベアや賃金改善の回答が相次いだことが、初任給の動向にも影響。

  • !2014年4月23日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

労使の2014年賃上げ率見通しは定昇込みで2.1%と予測。経営側のベア実施予定は昨年調査に比べて10ポイント増加 ― 賃上げに関するアンケート

2014年賃上げ見通しは、全回答者540人の平均で「6413円・2.07%」(定昇分を含む)となった。定昇については、労使とも「実施すべき」「実施する予定」が9割前後。ベアについては、経営側では「実施しない予定」53.4%、「実施する予定」16.1%となった。昨年より実施予定が10ポイント増加。

  • !2014年1月23日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

民間調査機関の(一財)労務行政研究所では、今東証第1部上場企業139社を対象に2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準を調査した。これによると、全産業平均で66万4415円、同一企業で見た昨夏の妥結実績(66万8385円)と比較すると、金額で3970円、対前年同期比で0.6%の減少となった。

  • !2013年4月26日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2013年度 新入社員の初任給調査」~東証第1部上場企業238社の速報集計。初任給を据え置いた企業が95.4%に上る~

民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所では、今年4月入社者の決定初任給を調査し、このほど速報集計をまとめた。これによると、95.4%とほとんどの企業が初任給を前年度と同額に据え置く結果となり、伸び率では大学卒で73円・0.0%、高校卒で107円・0.1%の上昇に止まった。

  • !2013年4月22日 18時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

労使の2013年賃上げ率見通しは定昇込みで1.6%―賃上げに関するアンケート

民間調査機関の労務行政研究所では、1974年から毎年実施している「賃上げに関するアンケート調査」の最新結果を公表した。これによると、2013年の賃上げ見通しは、全回答者507人の平均で「5063円・1.64%」(定期昇給分を含む)となった。賃上げ率の予測は労使とも約1.6%でほぼ一致した。

  • !2013年1月28日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

新着プレスリリース

緊急調査 企業のマイナンバー対応状況アンケート

①マイナンバーの収集に向けた事務の対応状況は、11月時点で39.6%の企業で対応完了、59.2%で対応中。未対応はわずか1.2%、②実務面での課題(複数回答)は、「マイナンバー収集・保管・廃棄」50.4%、「安全管理措置」41.2%、「業務量の増大」40.0%、③マイナンバーの適正な取り扱いのために事務取扱担当者に教育・研修を「実施した」企業は50.6...

  • !2015年12月9日 14時
  • aビジネス・人事サービス
  • a企業の動向

東証第1部上場企業の2015年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査~全産業199社ベースで73万2888円、前年同期比3.7%増と2年連続で増加~

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏 東京都品川区西五反田3-6-21)では、東証第1部上場企業199社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2015年年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集計した(2015年9月11日現在)。

  • !2015年10月16日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2015年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査~全産業122社ベースで73万4434円、前年同期比3.0%増と2年連続のプラス~

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄 東京都品川区西五反田3-6-21)では、東 証第1部上場企業122社を対象に、今年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・ 集計した(2015年4月15日現在)。

  • !2015年5月7日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2015年度 新入社員の初任給調査」 ~東証第1部上場企業218社の速報集計。4割の企業が初任給を全学歴引き上げ~(労務行政研究所調査)

39.9%の企業が15年度の初任給を「全学歴引き上げ」した結果となり、割合は14年度速報集計時の23.2%から約17ポイントの増加。一方、初任給を「据え置き」した企業は58.7%。据え置き率は、09年度以降9割台の高い率で推移していたが、14年度75.5%、15年度58.7%とここ2年は顕著に低下。

  • !2015年4月23日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2015年賃上げの見通し―労使および専門家504人アンケート ~定昇込みで昨年実績並みの2.2%と予測。 経営側の35.7%がベアを「実施する予定」~

2015年の賃上げ見通しは、平均で「6788円・2.18%」(定期昇給分を含む)となった。労使別に見た平均値は、労働側6867円・2.21%、経営側6507円・2.08%である。ベースアップについては、経営側では「実施する予定」35.7%、「実施しない予定」37.6%となった。ベア実施予定は増加傾向

  • !2015年1月29日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2016年採用後ろ倒しによる企業の対応、採用担当者のホンネを調査~採用指針の遵守を予定する企業は44%だが、担当者個人だと完全遵守派は25%~

企業としては「遵守意向」を持ちつつ、採用担当者としては「早期広報・選考」や「独自のスケジュール」で活動したいのがホンネ。 現在実施中で、さらに「拡大・充実」する施策は、「大学での会社説明会・セミナー」が45.6%。次いで「自社での会社説明会・セミナー」34.3%など。「インターンシップ」は4社に1社

  • !2014年12月19日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

2014年度のベア実施企業は45.9%。13年度の10.6%から大幅に増加~賞与も含めた14年度の年収額は1社当たり約503万円で、前年度と比べて17万円増加~

民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所が実施した「2014年度 モデル賃金・賞与実態調査」によると、2014年度にベアを実施した企業は全体の45.9%に達し、昨年度の10.6%から大幅に増加した。企業業績の回復を受け、ベアを含む賃上げが広がった状況が分かる結果となっている。

  • !2014年11月5日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査 ~年間協定による妥結済み企業では、対前年同期比4.6%増と3年ぶりにプラス~

(一財)労務行政研究所では東証1部上場企業206社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2014年年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集計した(2014年9月10日現在)。 平均金額は206社の平均で70万9283円、対前年同期比で4.6%増加。2011年以来3年ぶりにプラスとなった。

  • !2014年10月8日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査 ~90年代前半と比べ、グレードダウンが顕著~ 労務行政研究所調査

【1.国内出張におけるグリーン車利用】 従業員では「認めない」が8~9割台。役員でも「認める」割合は減少 【2.海外出張における航空機利用等級基準】 役員ではビジネス、従業員ではエコノミーの増加が顕著 【3.国内出張費用の削減状況】 最近3年間で33.6%が削減。具体的内容は「日当の見直し」が43.4%で最多

  • !2014年6月5日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2014年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査 ~全産業125社ベースで70万5792円、前年同期比5.7%増と3年ぶりの大幅増~

労務行政研究所の調査結果では平均金額は125社の平均で70万5792円、対前年同期比で5.7%増加と大幅に上昇、リーマンショック後では最も高い妥結額に。製造業は同6.6%増、非製造業も同2.6%増。平均支給月数は127社の平均で2.35カ月。同一企業で比較すると、68.5%の企業で前年より月数が増加

  • !2014年5月8日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2014年度 新入社員の初任給調査」~東証第1部上場企業237社の速報集計。初任給を前年度と同額に据え置いた企業は75.5%で、前年度比20ポイントの減少~

労務行政研究所は、今年4月入社者の決定初任給を調査し、東証1部上場企業237社について速報集計をまとめた。 2014年度の初任給を前年度と同額に据え置いた企業が75.5%で、13年度(95.4%)に比べて約20ポイント低下。大手中心にベアや賃金改善の回答が相次いだことが、初任給の動向にも影響。

  • !2014年4月23日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

労使の2014年賃上げ率見通しは定昇込みで2.1%と予測。経営側のベア実施予定は昨年調査に比べて10ポイント増加 ― 賃上げに関するアンケート

2014年賃上げ見通しは、全回答者540人の平均で「6413円・2.07%」(定昇分を含む)となった。定昇については、労使とも「実施すべき」「実施する予定」が9割前後。ベアについては、経営側では「実施しない予定」53.4%、「実施する予定」16.1%となった。昨年より実施予定が10ポイント増加。

  • !2014年1月23日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

東証第1部上場企業の2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

民間調査機関の(一財)労務行政研究所では、今東証第1部上場企業139社を対象に2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準を調査した。これによると、全産業平均で66万4415円、同一企業で見た昨夏の妥結実績(66万8385円)と比較すると、金額で3970円、対前年同期比で0.6%の減少となった。

  • !2013年4月26日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

「2013年度 新入社員の初任給調査」~東証第1部上場企業238社の速報集計。初任給を据え置いた企業が95.4%に上る~

民間調査機関の一般財団法人労務行政研究所では、今年4月入社者の決定初任給を調査し、このほど速報集計をまとめた。これによると、95.4%とほとんどの企業が初任給を前年度と同額に据え置く結果となり、伸び率では大学卒で73円・0.0%、高校卒で107円・0.1%の上昇に止まった。

  • !2013年4月22日 18時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

労使の2013年賃上げ率見通しは定昇込みで1.6%―賃上げに関するアンケート

民間調査機関の労務行政研究所では、1974年から毎年実施している「賃上げに関するアンケート調査」の最新結果を公表した。これによると、2013年の賃上げ見通しは、全回答者507人の平均で「5063円・1.64%」(定期昇給分を含む)となった。賃上げ率の予測は労使とも約1.6%でほぼ一致した。

  • !2013年1月28日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a研究・調査報告

企業情報

一般財団法人労務行政研究所のロゴ

企業名

一般財団法人労務行政研究所

所在地

品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F

代表者名

猪股 宏

URL

https://www.rosei.or.jp/

業種

新聞・出版・放送

事業内容

編集、書籍制作、調査、研究

この企業のFacebookを見る

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る