プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数51,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

Vuzix Corporationのプレスリリース/広報・PR情報


新着プレスリリース

M100スマートグラス向けの新しいプロシューマー向けヘルメットマウントを提供します。

自転車ライダー向けのヘルメットの左右両方にM100スマートグラスを取り付けるマウントを近日発売いたします。 第四回VDCでサイバネットシステム社がM100向けの新しいアプリを披露します。 SAPジャパン社が「ウエアラブル対応製品の提供を開始した」と発表されました。M100についても言及されております。

11月15日に福井県で第四回ビュージックスデベロッパーズカンファレンスを開催。NTTデータが初参加でウェアラブルデバイスの業務活用の可能性を講演・展示します。

第四回は福井県に後援いただき、福井県主催のウェアラブルシンポジウム内で開催いたします。 また鯖江市主催の未来創造フォーラムも同時開催されます。 ウェアラブルコンピューティングの伝道師と呼ばれる神戸大学大学院工学研究科塚本教授の講演やウェアラブル運動会など楽しいイベントもあります。

本日からパシフィコ横浜で開催される社会イノベーション2014にて、パートナーが開発したM100向けアプリケーションをデモ展示いたします。

コンテンツ協力はアイティアクセス、アスカラボ、NTTデータ(金曜日のみ)、NTTドコモ(WebAPI)、SAP、サイバネットシステム、シーリス、新日鉄住金ソリューションズ(ビデオ)、ブリリアントサービス(mirama)、ユニシステム(五十音順)になります。詳細は本文にて。

SAP社がVuzix M100スマートグラスに対応した2つの法人向けアプリケーションを公開します。

物流における商品のピッキングや現場での保守業務におけて、M100スマートグラスを使ったハンズフリーソリューションを法人向けのアプリケーションのマーケットリーダーが提供します。 国内における展示会でデモ体験可能です。 アプリケーションのデモンストレーション動画も公開しております。 詳細は本文にて。

NTTドコモが公開した無線通信に対応したウェアラブル機器を操作するアプリやWebコンテンツを開発できるAPI「デバイスコネクトWebAPI」にM100が対応。

本APIにより、多種多様な機器を組み合わせて利用することも可能で、例えばメガネ型機器の映像再生操作を異なるメーカーのリストバンド型機器で操作したり、複数のメーカーが提供する活動量計や体重計の情報をスマートフォンで統合し活用したり、新しい使い方ができるようになります。 GitHubのリンクは本文にて。

M100 OS2.0ソフトウェアはM100スマートグラスとApple社のiOS端末との互換性を提供いたします。iOS向けのM100管理アプリを公開いたします。

Android端末向けにはすでにリリースしているM100スマートグラスマネージャーのiOS版になります。 M100スマートグラスで文字入力が必要な場合にiPhoneを通じて入力したり、撮影した写真などをBluetoothを通じてiOS端末に転送したり、ハンズフリー通話などをすることができます。

M100スマートグラスのOSが2.0へメジャーアップデート。カルーセル方式のユーザーインターフェイスを採用し、音声認識の搭載でハンズフリーでの利用環境が快適に。

数百もの開発者やパートナー企業からのフィードバックを反映しまし、ほぼ全ての外観をオーバーホールしました。 直感的なユーザーインターフェイスはデスクトップをカルーセル(回転)形にデザインし直し、Nuanceのボイスコントロール、ジェスチャー認識、Androidの共通ボタンコントロールを搭載しました。

光学シースルー対応スマートグラス開発向けのwaveguide技術の本社内製造設備のアップグレードが完了し、さらに加速して開発を進めています。

現在国内でも販売している単眼シースルーデバイスのM2000ARにも利用されているwaveguide技術の生産設備を刷新しました。waveduideについては日経エレクトロニクス、9月1日号にも掲載されているので是非ご覧ください。フルカラーで1.4mmの薄さに表示できるこの光学技術にご期待ください。

レノボとの共同ブランドのM100を出荷開始。SAPがVuzixの向けにARアプリを発表。ロチェスターオプティカルがM100向けの処方レンズとフレームを供給。

Lenovo社との共同ブランドのM100が中国市場向けに初回ボリュームの出荷が始まりました。 SAP社がCTIA 2014でARアプリを展示いたします。 ロチェスターオプティカル社の特許出願中のスマートゴールドレンズがM100ユーザーに画面を注視させやすくします。 リリース全文はクリックしてご覧ください。

明日29日開催のディベロッパーカンファレンスの講演者情報をお知らせいたします。

下記の方々に講演していただきます。 米国大使館 商務部 Vuzix Corporation President & CEO 福井県 産業労働部産業政策課 みずほ証券 新日鉄住金ソリューションズ株式会社 株式会社GClue サイバネットシステム株式会社 株式会社NTTドコモ 講演者の詳細は本文をご覧ください。

VuzixはLenovoと契約に署名し、M100スマートグラス商品を中国にて売り出すことを発表いたします。

Vuzix 100 Smart Glasses powered by Lenovo NBDとしてLenovoが中国市場にて2014年9月より独占販売を開始いたします。 中国語対応、音声認識、地図や国内向けクラウドサービスなど多くの特徴があり、中国市場向けにローカライズされています。 詳細は本文にて。

Vuzix CEO Paul TraversがグローバルでのBtoB向けスマートグラスソリューションについて第三回VGCにて講演。国内企業による最新デモも展示。

第三回は7月29に東京永田町にて開催。 CEOが来日して講演いたします。 M2000ARやM100の最新事例やiBeaconとM100の連携デモやみずほ証券や福井県からの講演もございます。 出展・入場無料ですが、セミナーは先着順ですのでお申し込みはお早めに。 後援:米国大使館・商務部 詳細はWEBにて。

開発者(ディベロッパー)強化キャンペーン!Android搭載スマートグラス M100の単体価格を税込10万円未満に設定しました。

多くの開発者の方々から税込10万円未満であれば追加購入しやすいとのご要望を受けまして、スペシャルサマーディスカウントとしてご提供することとなりました。また専用ソフトが日本国内ミラーリングサーバに対応し、ファームウェアのアップデートが格段に速くなりました。詳細は本文をご覧ください。

Android搭載スマートグラス M100とソフトウェア開発者キット(SDK)の日本国内での単体販売を2014年5月29日から開始いたします。

日本国内の需要に応えられる在庫を確保できるようになりましたので、米国からのM100とSDKのセット出荷から切り替えいたします。 SDK購入者向けのフォーラムでの日本語サポートの体制も整いました。 第三回の開発者フォーラムは6月下旬に招待制で開催予定です。

NTTドコモとNTTドコモ・ベンチャーズ共催のDeveloper Application Contest 2ndに協賛いたします。

前回に引き続き、今回も協賛企業として名を連ね、アプリ開発のサポートいたします。 スマートグラス M100もジェスチャー機能、音声認識に対応してますます魅力的なAndroid端末を開発者のみなさまに提供いたします。

企業情報

Vuzix Corporationのロゴ

企業名

Vuzix Corporation

所在地

東京都港区赤坂4-1-1 SHIMA赤坂ビル

代表者名

藤井 慶一郎

URL

http://www.vuzix.jp/

業種

その他製造業

事業内容

VUZIXは、防衛産業、消費者およびメディア・エンターテインメント市場における、ビデオアイウェア製品の大手サプライヤーです。同社の製品である、ポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供する個人用ディスプレイ機器は、機動性、および仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供します。

この企業のFacebookを見る
この企業のTwitterを見る

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る